×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Twitter連携とは?

Twitter連携とはどういう仕組みか?

TwitterはAPI(Application Programming Interface)を無料公開しています。 APIとは簡単に言うとプログラミングを通じ、Twitterデータのやりとりをする機能です。 これによりプログラミングさえできれば、誰でもTwitterの公式ページにあるような機能をもつアプリを作成することが可能です。 もっと言えば、Twitterの公式ページよりも便利なアプリケーションだって作成する事も可能になりえます。

FacebookやMixiなど他のSNSも同様な方法でTwitterと連携させることができます。 これによって、Twitterでのツイートが、 FacebookやmixiなどのTL(タイムライン)に反映させることができます。 あらゆるところで発言をしていると、自分がどこでなにを言ったか管理することが大変になるので Twitterを他のSNSやブログなどに連携させると管理が一元化されて便利です。

APIにより公開情報の検索・表示などは簡単にできますが、 たとえば自分のIDでのツイートやプロフィールの変更等は権限の認証が必要なのでやや複雑になります。 そのような場合、連携アプリへの認証の手続きにはTwitterのIDとパスワードを入力プロセスが必要になります。 認証手続きを経ることにより、Twitter公式サイトできることが、ほぼ全て提携アプリにて行うことができるようになります。

Twitter連携イメージ



Twitter-bird Twitter-bird Twitter-bird Twitter-bird

他のSNSやブログとTwitterと連携させてみよう!

それでは早速、Twitterを連携させて見ましょう。 メニューは上のリストにある通りなので、まずはFacebookやmixiなど他のSNSサイトと連携させてみましょう。 ブログをもっている方は、ツイートボタンや フォローボタンの設置などでTwitterと連携させて見ましょう。 最後にTwitterと連携アプリをいくつか紹介します。

Twitter-bird Twitter-bird Twitter-bird Twitter-bird




このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

Twitter-bird Twitter-bird Twitter-bird Twitter-bird